桜花賞もまた的中!皐月賞2022の予想は?

今回のG1桜花賞もまた当たった。

予想ブログに書いた通りワイドボックス3点で完全に的中していたんだけどナミュール飛んでくるパターンの三連複も買っちゃった。まぁこれは外れたけどワイドボックス3点が3点とも当たったので全く問題ない。

基本予想ブログに見解なんて書かないけど今回は説得力を持たせるために内枠の先行馬が前を固めて外枠の馬は後方待機になるという、なぜこの馬券を買うのかの理由も書いておいたので参考にしてくれた人は確実に当ててると思う!

桜花賞2022はブログに書いた通り2番の馬が逃げる展開でそれについていった1のナムラクレアと6のウォーターナビレラが直線抜け出して最後8のスターズオンアースが差し切り勝ち。

内目の前に行ける馬、前に行きたいジョッキーを買えばいいという予想通りだった。

毎年3歳クラシック路線はマジで普通に当たらない私なのだが今年は全く違う…。このブログの得意とするのは騎手予想なので騎手の手腕が問われる長距離戦や開幕週の芝というのが当たるレースだったのだが今年はなぜか馬の素質が重要な3歳クラシック路線が的中し続けている。

スプリングステークス
本命、対抗、穴のワイド的中、3点で770円と1500円の2点的中

弥生賞
本命、穴のワイド的中、3点で1630円

共同通信杯
本命、穴のワイド的中、3点で1670円

きさらぎ賞
メイショウゲキリンの複勝的中、460円。予想は本命対抗が1,3着なのでワイドを買っていれば1610円的中

京成杯
対抗、3番手、穴のワイド的中、6点で2150円、5840円、3750円の3点全的中

シンザン記念
不的中

この有様である。
G1桜花賞だけならず京成杯でもワイド完全的中である。実に怖い。
なぜこんなに当たるようになったのか?であるがぶっちゃけよくわからん。確かに去年は競馬の本を買って勉強したし、会社でも競馬のサイトを作っているので色々と情報が入るようになった。ネット競馬の有名馬券師が競馬サイトの監修とか手伝ってくれているのでその人の予想とかも参考に入れるようにしているがそこまで当たる理由にはならないと思う。

おそらくは馬場の重要性が今年は特に大きいと言うのがあると思う。
馬場が読めないと勝てない感じになっているから馬の素質が良くても勝てずに騎手派のわたしが当たるのだろう。

なぜ馬場がいつもと違うのかは京都競馬場の改修工事で日程に変更があるから。例年なら短期間で終わるので馬場を柔らかめにしておいて芝が多少傷んでも馬の脚が悪くならないようにとか落馬の影響を抑えるためにクッション性が高かったところが今年はちょっと固めに設定して芝が開催中にボロボロにならないようにしている。
だから開催9週目の桜花賞でもそこまで芝が悪くならず速いタイムが出ている。
外が全然伸びずに有力馬が軒並み凡走しているのも開催変更の影響が大きいと思う。

皐月賞の予想

まだまだ予想出来る段階ではないが軽く見解を書いておくと昨日、一昨日の結果から中山競馬場もものすごい前残りになっていると感じる。
今週の馬場がどうなるかは造園科の作り方次第なのだがおそらくはそれほど大きく変わるとは思えない。週中に雨が降る予定だし変に柔らかくすることはないだろう。
そう考えると芝の生育が特に活発な春なので馬場は良く、逃げ馬、先行馬が活躍すると見る。あとは中山の芝2000メートル戦に強い騎手を買っておけばいいだろう。
人気は割れ加減となっているので今回も派手に荒れる可能性を感じずにはいられない。

今の所、本命はキラーアビリティ。一番人気の重圧から開放された横山武史ジョッキーが圧勝して渾身のガッツポーズを見せてくれると期待している。

\SNSリンクボタン/

馬キチ

馬キチ twitter facebook

2010年より競馬を始めて以降毎週末、競馬場へ行ってしまう競馬マニアの馬キチです。
毎週ワイド3点で狙う重賞予想やってます!よければチェックしてみてはいかがでしょう。(不定期で地方交流重賞も予想公開中)

重賞予想コーナーはこちらから→