予想

2022宝塚記念を予想しよう!今年も荒れるのか!?

更新日:

先週は毎年当たるマーメイドステークスを見事的中させて宝塚記念の軍資金を増やした予想コーナー。
配当も結構良かったことで6月のマイナスはすべて吹き飛んで宝塚記念に対するモチベーションは十分に高まった。

ということで、宝塚記念をバッチリ当てて上半期を締めくくろうではないか!

宝塚記念の注目馬!

アリーヴォ

この馬は4歳馬であるが、小倉では負け無しの小回り巧者というイメージだったのだが前回の大阪杯ではG1にも関わらずレイパパレに次ぐ3着に入った。
しかもこのレース、かなり先行馬が有利な展開だったにも関わらず後ろから差しての3着と着順以上に内容が良い。
この大阪杯のコースと宝塚記念のコースは芝内回りという似たコースで、距離が200メートル伸びるだけ。昨年はレイパパレが大阪杯を勝って宝塚記念で3着となっているし、モズベッロも宝塚記念と大阪杯で馬券圏内に入った事がある。その前はスワーヴリチャードも大阪杯勝ちで宝塚記念3着のある馬。
そう考えると大阪杯で3着に入る実力があるなら宝塚記念でも上位に入ってきておかしくない実力と言えるだろう。

デアリングタクト

夏は牝馬であり、宝塚記念は宝塚歌劇団も関連してかとにかく牝馬が強い。昨年のクロノジェネシスの連覇、その前はリスグラシュー、過去にはドゥラメンテ・キタサンブラックを破ってマリアライトが優勝したりもしている。
そう考えると強い牝馬は優勝候補筆頭と考えられるだろう。昨年の有馬記念をみても牝馬が強いのは夏で間違いないのでデアリングタクトが勝つならこのレースという気がしてならない。
前走は流石に間隔が空きすぎており馬体重はプラス22キロ。まずは一回使ってからというレースだった可能性が高い。狙っているのは輸送もない阪神でのG1だと感じる。

ポタジェ

今の所、ネット競馬の予想オッズでは9番人気となっているがこの馬を追いかけ続けていた私からするとなんで前走G1勝ったのにこんなに人気無いの?という印象しかない。まだこの馬の強さが半信半疑なのか?私は前回の大阪杯では半信半疑だったのでワイドしか買えず単勝一応買っとけば…ってなったわけだが今回は確信めいたものがある。G1でも十分にやれる実力がついている。
ディープインパクト産駒は晩成の馬が多いがこの馬も晩成タイプのディープ産駒のように思う。
負けたレースも不運な負け方が多く完璧なレースが出来れば大阪杯のように勝ちきれる馬と言える。

宝塚記念の予想

今年の阪神競馬場の重賞レースははっきり言って内枠と先行が肝になっていると思われる。

先週のマーメイドステークスも優勝は先行したウインマイティーで同じく前目で運んだマリアエレーナが2着となった。差してきたソフトフルートは3着までとなっている。
差してきたソフトフルートも内枠を活かしてのイン突きであり、外枠は前で運んだリアアメリアも4着。2桁馬番の馬は10着以内に3頭しか入っていない。

天皇賞春はピンク帽の2頭が1,2着となったものの超長距離戦の人気上位であり、両方とも先行して馬券に入っている。

今回は2200メートルの中距離戦であり内回りコースということもあり外から先行するのはかなり難しい。阪神2200メートルは下り坂で始まるコースということもあり、先行するなら内枠が欲しいコースと言える。

そう考えると先行勢で一番有利な枠を引いたのはアフリカンゴールドだろう。
ただ、大阪杯のように何が何でも逃げたい馬というわけでもなく、何が何でも逃げたいパンサラッサやタイトルホルダーについていく形になると予想する。

パンサラッサが何が何でも逃げる後ろをタイトルホルダーがついていくという有馬記念と同じ形になり、アフリカンゴールドやアイアンバローズがついていきかなりペースは早くなり縦長の展開になる。

そして3コーナーから4コーナーで馬群が圧縮してきて4コーナーで外をぶん回してきた馬は伸びず2番手3番手あたりで脚をためていた馬が内を伸びて粘って勝ちきる。

どの馬が内をついて先に抜け出すかが勝負だろう。

宝塚記念の本命対抗三番手穴馬!

本命

(10)ヒシイグアス
前走の大阪杯は伸びない外目の馬場を通っての惜しい4着。他の馬は内目を通っていた事を考えるとコースさえ良ければ馬券圏内に入っていた可能性が高い。横の枠のパンサラッサを行かせてうまく内を先行出来れば今回は馬券圏内に食い込むと予想。レーンさんが前回のG1安田記念で8番人気のサリオスで3着と馬券圏内に入ったのも買い材料。このレースでこの短期免許終了ということで全力で臨んでくれるだろう。

対抗

(13)アリーヴォ
理由は上に書いたとおり。今年の大阪杯は負けた馬ほど次走評価したいレースだったと思う。人気のタイトルホルダーだが同じドゥラメンテ産駒の人気無い方が活躍してしまう、こっちのドゥラメンテ産駒かい!のパターンだろう。

三番手

(4)エフフォーリア
前回大阪杯の回顧で隣が牝馬で挟まれて興奮しすぎてゲートにぶつかってしまったことで痛すぎてやる気なくした説を書いたのだが実績的にはメンバー最強クラスのこの馬なので3倍以上つくなら単勝で勝負してもいいレベルだと思われる。ただ、今回は4枠とエフ「フォー」リアのフォーがものすごいわかりやすいサインになっておりこういう時はまず来ない事が多い…。
今回ブリンカー初装着ということだが馬具を工夫してうまく行かないパターンもオルフェーヴルの天皇賞春のようにしばしばあることなので気になる所。
勝つとしたら圧勝で負けるとしたら2桁着順の可能性も感じる。

(12)ウインマリリン
前走最下位、前前走はブービーと買える要素が今ひとつ感じられないが牝馬は夏に調子を上げるという法則を知っているだけで穴として狙えるのである。今回は輸送のことを考えて栗東に滞在しての臨戦態勢であり、陣営も本気でこのレースを狙っていると感じる。
穴ならこの馬しかいないと感じる。

購入馬券

今回はドリームレースということで大万馬券を狙っている。いつもワイドとかで買って微妙な感じでプラスになっているが今回はスマッシュヒットしかいらない。

最低でも4万円ぐらいにはなるし、エフフォーリアが飛ぶと100万円の可能性もある組み合わせ。

2022年5月の的中率、回収率を計算してみよう!

日本ダービーは本命、対抗、穴という選んだ4頭のうち3頭が馬券に絡み3連複4570円ゲットという結果でしたね! 大体の場合、私が自信なくて買ってない時にズバッと的中するのがこのコーナーなので知ってる人は ...

続きを見る

\よかったら使ってね/

-予想

Copyright© 馬キチ競馬 , 2022 AllRights Reserved.