予想

フェブラリーステークス2021を予想しよう!

投稿日:

馬キチです。

今週は2021年最初のG1レース、フェブラリーステークスです。

ダートのG1レースはこのフェブラリーステークスとチャンピオンズカップしかJRAでは開催が無いのでレアなJRAダートG1しっかり当てたいですね!

土曜日の結果は

土曜日の競馬はなんとも予想は当たるけど馬券は当たらない感じで進み、重賞両方当てられずドローでした…。

ダイヤモンドステークスに関してはオーソリティとポンデザールの軸2頭が2,3着に来ていて3連複で流しているのはファインプレーだったのにグロンディオーズを買えていなかったのが致命的なミスでした…。長距離戦は騎手で買うのが鉄則で上手い三浦騎手だったのに買ってなかった…。
ぶっちゃけダビスタでは騎手を選んでくださいって言われたら空いてる場合必ず三浦騎手を選ぶ俺がなんで今回三浦騎手をノーマークにしていたのか…悔やんでも悔やみきれないです…。

でも土曜日の東京はダートが結構荒れ気味で前行った馬が残るパターンが多くてそれに気づいて10レース当てることが出来たので収穫はありですね。日曜日の東京ダートも先行勢に注目しましょう。

スポンサーリンク

フェブラリーステークス2021の予想

本命

(2)インティ

内枠の先行馬は買いという格言もありますが今回2番枠ということで非常にナイスな枠に入ったインティ。武豊ジョッキーが前へ行くと競りかけるジョッキーがいないことでも有名ですがうまく行けばペースを作る事が可能でしょう。この馬は2019年に逃げ切ってフェブラリーステークス優勝しており実績も間違いない。上にも書いたように東京のダートは前が止まらないダートになっておりおそらく冬場荒れる原因になりがちな凍結防止剤の影響もあるでしょう。そう考えると全てがこの馬に有利に働いていて優勝の可能性がとても高いと感じられます。

対抗

(6)アルクトス

この馬も先行勢の一頭で東京競馬場では5勝しており得意コースと言って良いでしょう。そう考えると対抗としてふさわしい馬と言えます。前走の根岸ステークスも展開的に追い込み勢が上位を占めた中で4着と結果を残している先行勢はこの馬のみ。強さは確かか。

三番手

(14)オーヴェルニュ

東海ステークス優勝のこの馬は現在3連勝中。今最も勢いがある馬と言っても良いでしょう。このレース過去を見てもここ5年でゴールドドリームを除く4頭が連勝でフェブラリーステークスを勝っているのを見ると勢いのある馬がそのまま勝っちゃう可能性も十分あると言えるだろう。

(1)エアアルマス

この馬も先行勢ということで展開次第では馬券に絡んでもおかしくはない一頭だろう。

その他の注目馬

先行馬が有利そうな馬場状態ではあるがG1レースということで平場や特別戦のようなゆるいペースでは行かずハイペースになる可能性も十分あり、そうなってくるとレッドルゼル、サンライズノヴァのような追い込み脚質の馬が優勝する可能性もある。前残りを想定していても東京ダート1600m巧者のサンライズノヴァは一応買っておくべき馬であろう。

フェブラリーステークス2021購入馬券

2−1,6,9,14,16

3連複軸1頭5頭流し10点にて。3連単でもいいかもって思うぐらいインティ強そうではあるが3連複でも十分配当がつくので3連複で。

競馬クイズ

競馬にまつわるクイズです

\SNSでシェアしてね/

-予想

Copyright© 馬キチくんの競馬サイト , 2021 AllRights Reserved.