写真 競馬場 雑談

競馬場でのかわいいおもてなし

投稿日:

私は競馬が大好きなのですがどちらかと言うとギャンブル要素メインの競馬ファンではなく、競馬場の雰囲気や馬、G1の時のお祭り感がすごく好きな競馬というジャンル全体が好きな人間なのですが、競馬場でのおもてなしについて今回は語らせてもらいます。

競馬場でのおもてなしと言えば非常に多くのイベント開催で言ってみれば金に物を言わせたような芸能人のトークショーに始まり、オリジナルグッズ無料配布など流石公営ギャンブルで一番売上が多いJRAだなとは思いますが私の好きなおもてなしはこういったものだけではありません。

私の好きなおもてなしの一つがポニーに会えることであり、引退した馬の展示だったりします。

馬を見ているだけで癒されるというか普段触れ合うことのない生き物を間近で見ることが出来るというのがまた凄く新鮮でこれが毎週のように競馬場へ出かけてしまう理由の一つだったりします。

東京競馬場では競馬博物館という競馬の歴史などを学べる施設があるのですがここの前にポニーが展示されている場所があり、東京競馬場へ行くとかなり奥まった場所にも関わらずついつい行ってしまうお気に入りの場所だったりします。

中山競馬場で朝から並んで入場すると中庭のとこでポニーがお出迎えしてくれていることがあったりして朝から行ってよかったなと感じたりします。

他にもパドックと客席が近い競馬場ではレースの誘導馬に触れることがあったり京都競馬場などでは馬車に乗ることが出来たり体験乗馬ができたりと馬と触れ合えるおもてなしが頻繁に行われています。

こういったおもてなしがギャンブルの場である競馬場に必要なのか?はわかりませんが少なくとも家族連れの方や、女性の競馬ファンには喜ばれていると感じます。

動物によるおもてなしと言えば和歌山の貴志川線のたま駅長が有名ですがたま駅長のおかげで利用客が増えて外国人観光客なども訪れているようです。

おもてなしと言えば人間が行うものというイメージがありますが看板犬、看板猫、看板ポニーのようにありのままの動物によるおもてなしと言うものも忙しい現代人のストレス社会に生きる上で癒やしの点から必要とされているおもてなしだと感じます。

競馬予想ソフト【スゴウマROBOT】はプログラミングなどの技術は必要なく、ソフトウェアのダウンロードやインストールといった手間も無い為「自分には自動運用ソフトは手の届かない物」と諦めていた方に向けて、新たな時代の競馬予想スタイルをご体験頂ける競馬予想サービスです。※300万円超え2本、200万円超え5本、100万円超え19本など(2018年現在)

おすすめ記事

1

インスタントジョンソンというお笑い芸人のじゃいという人がいるのだが、その人はなんとギャンブルでマンションを買ってしまったというギャンブルの天才。数千万円のWin5を2回当てている猛者である。 お笑い芸 ...

2

競馬にハマってちょっと競馬に詳しくなりたいという人におすすめの競馬について学べる本を紹介してみる。 勝ち馬がわかる競馬の教科書 競馬の教科書というだけあって非常にわかりやすく、競馬について学べる本当に ...

3

競馬をしている人でもいつもウィンズとかネットで買ってる人は多いと思う。地方の人だったら近所に競馬場が無かったりして今まで一度も競馬場へ行ったことがないかもしれない。 そこで今回は競馬場へ行ったことがな ...

4

私が一眼レフを買って2年半ほどになる。 一眼レフを買った理由はズバリ競馬場で馬を撮りたかったから。 サラブレッドの魅力は美しい毛並み、迫力のある走り。カメラの被写体としては最高だと思っている。 そんな ...

5

最近、一時期落ち込んでいたJRAの売上がどんどんと右肩上がりで伸びている。 景気回復という理由もあるけれど主な要因は馬券をネットで購入できるようになったということ。私も数年前から馬券をネットで購入して ...

-写真, 競馬場, 雑談

Copyright© 馬キチくんの競馬サイト , 2018 AllRights Reserved.