雑談 馬券

ダービーって何が凄いの?なんで盛り上がるの?

更新日:

ダービー
競馬と言えばダービー(東京優駿)というぐらいダービーは定着しているレース。ダービースタリオンだったりクイズダービーだったりやたらとダービーが使われる。ちなみに正式名称は東京優駿である。

ダービーってなんなの?なんで凄いの?って私も昔は思っていたので競馬に詳しくなった今ちょっとダービーの凄さを説明してみる。

ダービーは3歳馬の頂点を決めるレース

ダービーってそもそもどういうレースだ?ってことを解説していくとダービーは3歳馬のレース。3歳しか出られないレースで一生に一度しか出ることの出来ない貴重な一戦である。

3歳しか出ることが出来ないとはいえ同世代の8000頭とも言われる競走馬の頂点を決めるレースであり複数回のステップレースをかいくぐってきた強い馬が集まっている。

成長が早い馬なら2歳の夏から活躍していたりするがギリギリのプリンシパルステークスで切符をつかむ馬もいる。

簡単に言うと高校野球みたいなものかもしれない。

ダービーはクラシック三冠レースの一つ

3歳の同世代で争うG1レースは皐月賞、ダービー、菊花賞という3つのレースがありクラシックと言われている。この3つともを制することを三冠馬と呼ぶ。

最近の三冠馬としてはオルフェーブルが挙げられる。

ちなみに牝馬限定戦でも同じく3歳世代のクラシック三冠レースがあり桜花賞、オークス(優駿牝馬)、秋華賞となっている。最近の三冠馬と言うとジェンティルドンナが記憶に新しい。

三冠レースの中でもダービーは東京競馬場の2400メートルというクラシックディスタンスで行われるレースであり、また意味合いが異なるレースでもある。

皐月賞は速い馬が勝ち、ダービーは運の良い馬が勝ち、菊花賞は強い馬が勝つと言われているように運の要素も強いのがダービー。実力だけで勝てるわけでもないのが面白いところ。

ダービーは特別なレース

日本ダービーイメージ
ダービーというレースは大昔から「すべてのホースマンの夢」と言われ続けており、ジョッキーはダービーを勝つと「ダービージョッキー」という称号を得られ、調教師は「ダービートレーナー」の称号を得ることが出来る。他にも厩務員にしろ馬主にしろ馬に関わる全ての人はダービーを夢見ている。それだけダービーというレースは特別なレースなのである。

ダービーを勝つというのは野球で言うと日本シリーズ優勝決定戦で勝利者投手の称号を得るぐらい価値のあることなのだ。

ダービーの賞金は国内3番目の額

ダービーの賞金は2016年現在2億円でジャパンカップ、有馬記念に次いで3位となっている。ダービーで勝つというのはそれだけの価値のあるレースであるということなのだ。

ダービーを現地観戦するならここに気をつけろ

kizuna
ダービーを生で見たいって人はとても多いと思う。何しろダービーというレースは日本競馬史上一番入場者が多かったことのあるレースでありその時は19万6517人も入った。

サッカーの試合で一番入場者が多い試合はJ1で6万程度、野球も東京ドームで5万5千人ぐらい。そう考えると20万人近い人が入るスポーツイベントは競馬ぐらいなものなのだ。

これを考えるとどれだけレース場が混雑するかは理解してもらえると思う。ちなみにベストポジションで観戦したい場合は一週間前から場所を取り始めなければならないほど。

出来れば始発で行こう

車なら深夜から行かなければ間に合わないが電車の場合は始発で行くことになる。椅子に座りたいなら始発で行くのがいいだろう。

開門時間が繰り上げられるので朝7時には開門のパターンが多い。9時の段階で到着しても一つも席はない。

椅子を持って行こう

家が遠いとかで始発で行っても間に合わないのが確実な人は椅子を持って行くといいだろう。折りたたみの椅子があれば席取り合戦に負けても安心して座れる。

ビニールシートを持って行こう

椅子がない場合はビニールシートでも構わない。内馬場へ行けばビニールシートを広げられる場所がいくらでもあるし階段とかちょっとしたスペースに陣地を作る事ができる。

すべてが混雑するのでまともにレースが買えないことも

東京競馬場の様子
券売機から飲食店、トイレまで何から何まで異常なほど混雑するのでそれは覚悟が必要。ダービーの馬券は馬体重が発表になって買っては遅いかもしれない。

確実に買うなら昼過ぎぐらいには買っておく必要がありそう。

ダービーのグッズも午前中には購入しておきたい。人気馬のグッズはすぐ売り切れる。

移動困難になる

レースが近づくとどこにも行けなくなる。通路はもはや身動き不能に人が溢れトイレに行って戻るのに1時間ぐらいかかりそうな気配すらある。迷子になったらレース終了まで会えるとは思えない

通路にいると押し潰される

通路は入る人と出る人が押し合い、もはや満員電車以上に圧縮される。

バランスが崩れると将棋倒し状態に陥りそうな怖い状態でレースが近づくと自動的に中に進まされる。通路にいる人間はもはや自分の意志で動くことなど許されないだろう。

ダービーの凄さまとめ

上記でダービーというレースがどれだけ凄いレースかってのを知ることが出来たと思う。

ダービーを生観戦するのはオススメで恐らく有馬記念と同じぐらい盛り上がるレースだと思う。

有馬記念のように寒くなくて広い東京競馬場なので現地観戦はダービーのほうがオススメである。

関連記事

【大混雑】日本ダービー現地観戦の注意点

おすすめ記事

1

競馬にハマってちょっと競馬に詳しくなりたいという人におすすめの競馬について学べる本を紹介してみる。 勝ち馬がわかる競馬の教科書 競馬の教科書というだけあって非常にわかりやすく、競馬について学べる本当に ...

2

競馬をしている人でもいつもウィンズとかネットで買ってる人は多いと思う。地方の人だったら近所に競馬場が無かったりして今まで一度も競馬場へ行ったことがないかもしれない。 そこで今回は競馬場へ行ったことがな ...

3

私が一眼レフを買って2年半ほどになる。 一眼レフを買った理由はズバリ競馬場で馬を撮りたかったから。 サラブレッドの魅力は美しい毛並み、迫力のある走り。カメラの被写体としては最高だと思っている。 そんな ...

4

最近、一時期落ち込んでいたJRAの売上がどんどんと右肩上がりで伸びている。 景気回復という理由もあるけれど主な要因は馬券をネットで購入できるようになったということ。私も数年前から馬券をネットで購入して ...

5

競走馬は大きくわけてとにかく先頭に行きたい逃げ馬、前に行くのが得意な先行馬、中団で力をためて後からスピードを上げる差し馬、最後方から行って最後に末脚を炸裂させる追い込み馬とがいる。 それぞれのタイプに ...

-雑談, 馬券

Copyright© 馬キチくんの競馬サイト , 2018 AllRights Reserved.