予想

京都新聞杯2022を予想しよう

投稿日:

最近予想コーナーが無茶苦茶当たるので土曜重賞の京都新聞杯も予想しておこう。

京都新聞杯の予想

京都新聞杯は3歳によるダービーへのステップレース。通常は京都競馬場の芝2200メートル戦なのであるが今回は京都競馬場改修工事中ということで中京競馬場で行われる。京都新聞杯からダービー優勝はキズナが記憶に新しい。

スポンサーリンク

本命

(3)アスクワイルドモア
もうずっと言ってきているがホープフルステークスで負けた馬がその後の重賞で活躍しがち理論である。サトノヘリオス、オニャンコポン、マテンロウレオとその後の重賞で馬券圏内に入っている。そう考えればアスクワイルドモアも実力的には重賞で馬券圏内に入るレベルの馬であり、実際前走は4コーナーでスムーズに前が開けば完全に馬券圏内に突っ込んでこれた末脚であり、ここも距離は200メートル伸びるが同じ中京競馬場ということで買いと言えるだろう。

対抗

(9)ボルドグフーシュ
前走で2400m戦を勝っている点を評価。このレースは2200m戦ということで3歳にしては長い距離のレースとなっている。前走よりも距離短縮というのは明らかに有利。中京コースでも3着の経験がありここも十分馬券圏内を狙えるだろう。前走負かした相手がディライトバローズという青葉賞で私が対抗にして残念ながら故障で負けてしまった馬なので是非ともここでリベンジして欲しい。

3番手

(11)ヴェローナシチー
これまでの成績が5戦全て馬券圏内という相手なりに走る馬というイメージ。大して人気にもならず美味しい馬券となりそうなので買いたい馬である。

(6)アップデート
前走は切れ味勝負になりタイム差なしの3着となったが展開次第では勝っていた可能性も十分ある。このオッズなら買っておいてもよい一頭だろう。

購入馬券

3-6,9,11
馬連、ワイド流しにて6点
ぶっちゃけ当たる気がしないので1000円だけ買ってみる。

\よかったら使ってね/

-予想

Copyright© 馬キチ競馬 , 2022 AllRights Reserved.