マイルチャンピオンシップ南部杯2022を予想しよう!


今週は毎日のように交流重賞があり毎日予想をしていたわけだがこんなに外す?ってぐらいのしびれるハズレ連発となった。4頭まで絞れていて全てその内の3頭で決着しているので普通にボックスで馬連買っとけばプラスで終わってるわけであるが軸が3着で馬連で買ってるとか3連単頭固定で買ってるとかできれいにヒモ決着が続くのでした…。

こんだけ外したんやからG1が当たるフラグ立っとるやろ!ってことでマイルチャンピオンシップ南部杯だけこの予想コーナーでしっかりと予想を発表することにします。

マイルチャンピオンシップ南部杯の予想

マイルチャンピオンシップ南部杯は盛岡競馬場で行われるJRAと地方競馬の交流重賞G1である。似た名前の重賞でマイルチャンピオンシップというJRAのG1があるがコチラは芝ではなくダートのマイルG1となっている。
コースはワンターンで引込線からのスタートということもあり、スタートの後は非常に長い直線を進むため枠順による有利不利はあまり見られない。基本的に最後の直線が短めの地方競馬なので前に行ける馬が強いレースではある。

本 命

(4)カフェファラオ

このレースの重要なポイントはワンターンという点であり、これまでの成績を見てもワンターン巧者が強い。2連覇中のアルクトスやその前もサンライズノヴァが勝っており、東京の1600m戦と非常に通じるものがある。
そう考えれば東京1600メートルでのG1レースフェブラリーステークスを2連覇中のワンターン巧者カフェファラオがこのレースに合う可能性が非常に高く、適性から言うと本命にしてよい馬と言える。

対 抗

(9)アルクトス

この馬このレースで2連覇中であり、その前も2着と3回走って連対を外していないマイルCS南部杯が大得意の馬である。今年はフェブラリーステークス7着以来ということでかなり久しぶりではあるが他使っても走らないからここだけを狙って来ている可能性が非常に高い。休み明けでも仕上がっている可能性は高く、上手く走れば3連覇もあるとみる。

三番手

(6)イグナイター

地方からの参戦であるが今年になってから交流重賞を含め3連勝中ととにかく好調。力がついて重賞でも十分JRA勢と肩を並べる強さに成長していると見る。メンバーは強くなるし、舞台も合うかどうかは疑問であるものの勢いで勝てる可能性もある一頭。

(16)エアスピネル

前回は本命としたが4着とものすごく悔しい結果となった…。今回はメンバーが強くなることを考えると前回よりも更に厳しい可能性があるがワンターンのG1であるフェブラリーステークスで昨年2着に入っていることを考えると一発あってもおかしくない馬だと言える。

購入馬券

4-6,9,16
馬連とワイドにて

\SNSリンクボタン/

馬キチ

馬キチ twitter facebook

2010年より競馬を始めて以降毎週末、競馬場へ行ってしまう競馬マニアの馬キチです。
毎週ワイド3点で狙う重賞予想やってます!よければチェックしてみてはいかがでしょう。(不定期で地方交流重賞も予想公開中)

重賞予想コーナーはこちらから→